レフィーネを使うと美容院のヘアカラーは染まりにくくなりませんか?

レフィーネを使うと美容院のヘアカラーは染まりにくくなりませんか?

 

レフィーネを使う時は、美容院でパーマや
ヘアカラーをしない時がおすすめです。

 

レフィーネはトリートメントタイプの白髪染めです。

 

ヘアカラーのように髪の内部に染色剤を浸透させ染めるものではなく、
髪の表面をコーティングすることで白髪を目立たなくするものです。

 

髪表面をコーティングしているので、
ここにヘアカラーやパーマをかけようとしても、
キレイに染まらなかったり、パーマのかかり具合も
弱くなってしまう可能性があります。

 

美容院でパーマやカラーリングをする予定がある場合は、
予約当日の前1週間と直後はレフィーネの使用を中止しましょう。

 

レフィーネはそのままでもいいですし、
2色を混ぜてオリジナルカラーを作ることもできます。

 

レフィーネシリーズであれば、
色混ぜや併用も可能ですが、それ以外は併用できません。

 

例えば美容院でパーマとカラーをする場合は、
同時にはできませんよね?

 

髪へのダメージもそうですが、
パーマ液と染色剤は種類も仕組みも違うので併用はできません。

 

レフィーネは白髪染めですが、
美容院で使用しているものとは性質が違います。

 

併用しないほうがいいので、
予定に合わせてレフィーネの使用は中止しましょう。

 

パーマをかけると美容院でのカラーリングも
色落ちしてしまいます。

 

この場合はパーマをかけてから数日して、
パーマが定着してからレフィーネを再開するといいでしょう。

 

毎日使うわけではないので、少し調節も可能です。

 

白髪染め専門店「レフィーネ」の特別価格&送料無料はコチラ!